MENU

小児の胃潰瘍の特徴や原因

小児の胃潰瘍の特徴や原因

 

胃潰瘍とは成人が罹る病気と思われています。

 

事実、大人になるとストレスや生活習慣の乱れなど環境におかれることが多く、子どもの頃に感染したピロリ菌によって胃潰瘍を発症することもあります。

 

そのため、子どもは発症するリスクがほぼないと思われてきたのですが、実は近ごろ小児の胃潰瘍が急増しているそうです。

 

その理由、つまり原因は

「ストレス」と「食生活の乱れ」

です。

 

ストレス

小児の胃潰瘍の特徴や原因

子どもでも、あらゆるストレスを受けているものです。学校の人間関係や勉強、家庭問題など。また、最近はパソコンやスマホが普及し、子どもでもそれらを使うことにより、自律神経が乱れることにより胃腸の調子が悪くなることがあります。

食生活の乱れ

胃腸薬

ファストフードやコンビニの食べ物など、偏った食生活は子どもにとってもよくなく、胃潰瘍に限らず、糖尿病をはじめさまざまな病気を誘発してしまいます。

 

 

小児の胃潰瘍の特徴

胃腸薬

「腹痛、吐き気、嘔吐」などの症状があらわれます。ただ、子どものこれらの症状が出てもただの体調不良や風邪に間違えられやすいので気を付けてください。
また、症状が進むと、吐血や下血といった出血症状が出ることもあります。子どもが出血すると驚かれるかもしれませんが、胃潰瘍の疑いがありますから、早めに病院で診察を受けさせてください。

 

何度も胃潰瘍を繰り返してしまうと胃ガンに発展するリスクもあるので注意してください。