MENU

持病・疾患の薬物療法と胃潰瘍の関係

持病・疾患の薬物療法と胃潰瘍の関係

 

今現在、持病や疾患で治療を受けている方は、服用している薬の副作用として胃潰瘍を誘発する可能性があります。

 

薬にもさまざまな種類がありますが、もっとも「非ステロイド性抗炎症薬」と関係があるとされています。

 

非ステロイド性抗炎症薬は、炎症の原因になる酵素の働きを抑制し、解熱や鎮痛、抗炎症の効能があります。

 

この働きが特定の病気に効きますが、酵素の働きを抑制する部分に注意点があります。

 

胃粘膜や血管の健康に必要な酵素にまで働きかけ、作用を抑制してしまいます。その結果、胃粘膜の健康が阻害され、胃酸過多や胃粘膜の血流が悪くなることにより、胃の状態に影響を及ぼします。

 

胃潰瘍を発症すると炎症によって、上腹部やみぞおちあたりに鈍痛が出ますが、以上の薬物療法の影響や副作用による炎症は、自覚症状がほとんどありません。

 

ここが極めて厄介な問題点であり、気付いたときには胃潰瘍が悪化していることもあります。

 

非ステロイド性抗炎症薬以外でも、胃に負担をかけるなどの副作用を持つ薬物療法を行っている方は、胃疾患を見逃さないために定期的に検査を受けることをおすすめします。

 

期的に内視鏡検査を受けるなどし、胃潰瘍対策をしてください。

 

心配な方は医師に相談し、可能であれば薬を変更する手段もあります。

 

また、市販薬についても胃に負担がかかるものがあるので、多用は禁物です。