MENU

胃潰瘍に効く漢方薬の種類や効能

胃潰瘍に効く漢方薬の種類や効能

 

医学には、「西洋医学」と「東洋医学」に分類され、それぞれ特色があります。理念や考え方に違いがあります。

 

西洋医学は、一般的な処方箋薬などが該当します。化学的な医療と考えてください。

 

薬効のある薬で、確実に効果があります。即効性も高く、効果的にピンポイントで患部に作用します。ただその反面、副作用のリスクがあります。また、何らかの薬の副作用で胃潰瘍を発症することもありえます。

 

一方の東洋医学では、漢方薬を用いて治療を行います。

 

西洋薬に比べると漢方薬は

やかに作用し、副作用などのリスクも低い
とされています。

 

漢方薬は患部にピンポイントで作用するというより、体質改善、本来の体の調子を取り戻すといった考えがあります。

 

継続的に漢方薬を使用することにより、効果があらわれます。

 

本題ですが、胃潰瘍に効く漢方薬の種類は、「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、六君子湯(りっくんしとう)、四逆散(しぎゃくさん)」などです。

ただ漢方薬にも飲み合わせが悪いものもあります。医師に相談し、適切に処方してもらいましょう。