MENU

胃潰瘍の治療期間

胃潰瘍の治療期間

 

胃潰瘍は不治の病ではありません。

 

適切な治療を受けることによって胃潰瘍を治すことができます。

 

まずバリウム検査や内視鏡検査などにより胃潰瘍の状態を調べます。検査によって胃潰瘍を発見し、状態に合わせて治療を行うことになります。

 

意外かもしれませんが胃潰瘍はひとつとは限りません。

 

胃粘膜や粘膜下層、筋層、胃壁などに潰瘍ができます。あるケースでは、胃潰瘍が5つあったという例もあり、その治療には1ヶ月半の期間を要したそうです。

 

胃潰瘍の症状が軽度なら薬物療法で治療を行います。これによって効果が出ない場合は外科的手術などを受ける必要があります。

 

また、胃潰瘍から出血が起きている場合には、止血するためにクリップで潰瘍を留める手術を行うことになります。この場合は入院に20日間ほど期間を要します。

 

概には言えませんが、胃潰瘍の治療期間は数日から1ヶ月半とみてください。

 

長期的に入院する必要はないのですが、胃潰瘍が完治しても予断はありません。

胃潰瘍は完治しても再発する病気であるため、治療後は予防のために生活習慣の改善や、必要に応じて定期検査を受けるようにしてください。